ろ過器には色々な役割があります

淡水魚や海水魚を飼育している人も多いかと思われますが、水槽の中にいる魚はつねに酸素を供給することや水槽環境を整える目的でろ過器を設置することが長く飼育するコツに繋がって来ます。

ろ過器の構造について

ろ過器とは、内部構造に不純物を取り除くフィルターを搭載しており、電力を消費し水をろ過するものと電力を必要としない物があります。

水槽内の水質を維持するろ過器

熱帯魚や海水魚はアクアリウム水槽の中で飼育を行うことになりますが、水槽飼育は水を入れて魚を泳がすだけでなく水を循環させる・空気を送り込む・水温を一定に保つ、そして水質を維持するなどが欠かせません、水質を維持する装置は水中ポンプやろ過器などがありますが、これらはフィルターに含まれる装置の総称でフィルターと一口にいっても色々な種類があるのが特徴です。