熱交換器のメンテナンス方法とは

熱交換器は、温度差のある2流体の間で、温度の高い流体から低い流体へ熱を移動させる為の機器です。液体や気体等の流体を用いて熱エネルギーを交換することで、加熱や冷却を行います。一般家庭ではエアコンの室内機や冷蔵庫、業務用ではボイラーや自動車製造工程の空調整備等に使用されます。その半数はプレート式の機器で、コンパクトで狭いスペースにも設置できるのが特徴です。

プレート式熱交換器は、耐久面でも優秀な為、放置されがちなことが多いです。長期間利用したことにより、汚れが付着したり、ガスケットが劣化してしまって、本来の性能を発揮できなくなっているのです。そのため、液漏れ等の問題が発生する前に、メンテナンスを行っておくことが重要となります。また、定期的に消耗部品の交換を行うことで、機器の寿命を延ばすことにも繋がります。

安定して長期間の利用を続ける為には、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスの方法にもいくつか種類があります。一つが、プレート式熱交換器を専門設備で洗浄したり、ガスケット交換・圧力検査を行う最高レベルの方法が「リコンディショニング」です。長期間メンテナンスを行っていない機器に最適と言える方法です。

そして、充分な機器停止時間をとれない場合には、現地でプレートを洗浄する「現地洗浄」がおすすめです。機器の停止時間は最小限で済むので、定期健診としても利用できます。また、リコンディショニングと同様の点検を行い、合格した新品同様のプレートと交換する「エクスチェンジ」という方法もあります。こちらも機器の停止時間が最小限で済むので、充分な機器停止時間がとれない場合にはおすすめです。

熱交換器は、設置した後は放置してしまいがちですが、汚れの付着や経年劣化は確実に起こります。ベストな状態で利用していく為にも、定期的なメンテナンスは不可欠と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *