世界で活躍するアルファラバルについて

日本や世界で活躍している国際的な企業のアルファラバルでは主に、熱交換や分離、そして流体制御という3種類のコアテクノロジーを提供しています。これら3つのコアテクノロジーは世界中で最も重要なものとされており、この会社ではそれに関する営業部門を10部門設けています。それぞれの部門ごとに異なる顧客のニーズに的確に応え、問題解決のために必要となる最先端の技術を提供しているのです。1883年に創設され、いままで130年以上の歴史を持っているこのアルファラバルでは、現在世界中に37の支社を構え、92の特許を取得しています。

また世界中に50か所にも及ぶ販売拠点と42か所の製品製造工場を有しており、ヨーロッパやアジア諸国を始めとした100以上の国で独自の製品が販売されています。その従業員数は1万5000人以上にも上り、常に改良された、もしくは新しい製品を研究開発する体制が整っています。その不断の努力によって、年間30種類近くもの新製品を開発、販売することに成功しています。国際的なあらゆる場面で活躍しているアルファラバルでは、企業向けあるいは個人向けに、実に多種多様な製品を開発、提供しています。

その事例として、1999年、スウェーデンのとある製糖工場において6基の熱交換器が導入され、それによって工場の省エネルギー化に貢献しました。また日本のあるビール工場では、アルファラバル製の設備を導入したことにより、いままでと変わらぬ美味しいビールを提供できているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *