アルファラバルってどんな会社?

アルファラバルは、アルファ・ラバルAB子会社の産業機械製造会社です。親会社はスウェーデンの機械メーカーとなっており、主に熱交換器や遠心分離機、水処理システム、洗浄装置などを製造しています。熱交換器とは高温の流体がもつ熱エネルギーを低温の流体に伝える機械のことで、アルファラバルでは商業用や工業用の空気熱交換器として、ユニットクーラーなどを製造・販売しています。他にも、ボイラの製造を行っているのも特徴です。

次に遠心分離機ですが、これは遠心力を利用して物体を分離する装置になります。たとえば、密度の異なる2種類の液体や、液体と固体などの混合物を遠心力を利用して分離します。アルファラバルは分離器の分野において、パイオニア的な存在だと言われています。創始者は1877年に世界で初めて遠心分離機を実用化して以来、遠心分離機・フィルター式分離器・膜分離機などで革新を追及してきました。

この技術は低コストかつ高精度となっており、食品や医薬品、油、水、科学分野でその精度の高さが実証されています。このように、アルファラバルは熱効果器や分離器の分野において、先進的な技術を持つ企業となっています。サービスにおいても、高い資格を得たスペシャリストが定期的なメンテナンス、複雑な問題の解決、部品の確保など様々なアフターフォローを行っています。高精度で低コストな熱交換器や分離器がほしいという方は、アルファラバルに相談してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *