アルカリ洗浄液の原料と種類、機能性

アルカリ洗浄液の原料は何点かあります。「イオン水」、「重曹」、「セスキ炭酸ソーダ」ですが、それらは自然にも優しく安全に機能するのがメリットです。イオン水を更に化学的に処理して電子分解した液体を電解質アルカリイオン水とも呼びます。それは保存料を一切、加えなくとも腐敗はしにくい性質を持ち、余計な物を使わずに汚れを落とすのが強みです。

スポンジや湿らせた雑巾を用意して、電解質アルカリイオン水を気になるところに噴射します。30分程度は放置すると汚れが浮き出てきますから、後は拭き取るだけで取り除けるのはメリットです。重曹の原料は炭酸水素ナトリウムです。溶かすと弱めなアルカリ洗浄液が作れますが、溶けにくい性質があります。

微粒子が研磨剤になりますから、頑固な汚れを除去したい時には使えるのが強みです。基本的には弱アルカリ性ですが、酸性の汚れやタバコのヤニを取り除く時にも機能します。電解質アルカリイオン水に混ぜて使うと、掃除により一層、役立つのもポイントです。セスキソーダもアルカリ洗浄液に使われる場合があります。

それは水に溶けやすく、重曹のように癖がありません。掃除に役立つ原料ですが、特に不快なタバコのヤニに機能します。壁や床にへばり付いた頑固な汚れも、高濃度のセスキソーダ配合、アルカリ洗浄液を使えば簡単に落とせるのがメリットです。状況に応じて電解質アルカリイオン水や重曹、セスキソーダを利用すると、普段の生活のストレスを減らせます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *