アルカリ洗浄液を使う上でのポイント

アルカリ洗浄液とは汚れの中の油分と反応して石鹸となる洗浄液です。そもそもが石鹸となっているものや合成洗剤とは明白な違いがあります。油汚れや皮脂汚れ自体が石鹸へと姿を変えるので、これらに対してアルカリ洗浄液は強い効果を発揮します。逆にアルカリと結びつく汚れがない場合には石鹸にはなりません。

しかし、ほとんどの汚れにはアルカリに反応する要素が含まれているので、実際は様々なものに使うことができます。アルカリ洗浄液のメリットと言えるのがタンパク質汚れへの強さです。タンパク質汚れはアミノ酸が結合してできていますが、その結合を切ることができます。タンパク質汚れには食べこぼしはもちろん、垢や血液などのタンパク質汚れに含まれます。

アミノ酸の結合を切られた状態のタンパク質汚れは繊維に付く力が失われるので簡単に落とすことができます。そのため、衣類や食器などに使う際にはアルカリ洗浄液がうってつけと言えます。非常に優秀なアルカリ洗浄液ではありますが、何にでも使えるわけではありません。弱点もあります。

それはアルミニウムが使われている製品です。アルカリがアルミニウムと反応すると水酸化アルミニウムという物質に化合します。この水酸化アルミニウムは白い物質であり、見た目に大きな影響を与えてしまいます。それだけでなく、水酸化アルミニウムになった部分は脆くなるので穴が空いてしまうこともあります。

アルミニウム製品には使わないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *