アルカリ洗浄液が利用される状況

工業品などで切削加工した際などには切削油などが製品やパーツに付着することがあります。この様な場合切削油の洗浄が必要になってきます。特に油の場合には、アルカリ洗浄液が使用されます。水溶性であるため利便性がよく、油を分解する能力が高いためです。

油以外では、製品の表面に付着した微粒子状のものを除去する場合にも利用されます。特に製品の表面に固着した微粒子は、水での除去が難しくアルカリ洗浄液が使われることがあります。アルカリ洗浄液をする際に注意することは、アルカリ性は洗う対象物の素材によっては表面の腐食や変色などがあるということです。そのようなことを避けるためには、アルカリ性のPHを調整し素材に合ったようにする必要があります。

特にアルミニウムやマグネシウムなどの金属はアルカリにより表面が溶解するため特に注意が必要です。アルミニウムの場合、表面をアルカリによって敢えて溶かすことで表面性状をつや消し仕様にすることもあります。鋼板などでは、アルカリ洗浄液で洗う場合と酸による洗浄方法などもあります。使用されるアルカリ成分はケイ酸ソーダや水酸化ナトリウムなどがあります。

洗浄後の溶液は、そのまま排水することができないため、タンクで貯めて処理業者へ引き渡す方法などがあります。水酸化ナトリウムの場合には、使用後塩酸で中和すると水と塩化ナトリウムになるためそのままの排水も可能です。工業製品以外には、一般の洗濯に使われる洗剤も実は弱アルカリです。油汚れや皮脂汚れ・タンパク質の汚れに有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *