アルカリ洗浄液の用途

アルカリ洗浄剤の主な成分は水酸化ナトリウム、メタケイ酸ナトリウム、炭酸ナトリウム、リン酸ナトリウム、ピロリン酸、界面活性剤などです。通常は0.5~5%程度の濃度の水溶液として使われます。水酸化ナトリウムのように、うっかり触ってしまうと皮膚にダメージを負ってしまうものがありますから注意が必要です。アルカリ洗浄液のアルカリ性といっても、強弱があります。

アルカリ性の強さはpH(ペーハー)で表されますが、このpHが11より大きければアルカリ性、8~11だと弱アルカリ性となります。アルカリ洗浄液は油汚れと混じり合って落ちやすくなりますから、工業系の洗浄や台所の汚れ落としなどで使用されることが多いです。加えて手垢、皮脂汚れもよく落とします。トイレや風呂に発生した黒ずみやヌメリなどを落とす塩素系漂白剤もアルカリ洗浄液のひとつとなります。

また、アルカリ洗浄液はタンパク質汚れにも対応します。たくさんのアミノ酸の結合体であるタンパク質のアミノ酸その結合を切り離し、もろくして汚れを落としてくれます。このように、アルカリ洗浄液はさまざまな油由来の汚れに対応しますが、肌にはダメージがありますから、敏感な方はゴム手袋の着用をしての取り扱いが望ましいです。しかし、どうしても素手での洗浄作業が必要であるという場合、おすすめなのが自然由来の成分でできた重曹や、セスキ炭酸ソーダの使用です、重曹やセスキ炭酸ソーダは入浴剤の原料にもなっていますから、肌に触れても安心かつアルカリ性の性質も持っていますから洗浄、清掃にも対応します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *