熱交換器には色んな種類が有ります

昔から製鉄所や化学工場等で数多くの熱交換器が採用されていました。その後の省エネブームでは熱回収用機器として主役を演じ数多くの熱交換器が新しく開発されマーケットに紹介されています。熱交換器が採用される場合には通常その組み合わせとしては気体と気体、気体と液体、液体と液体等に組み合わせを分ける事が出来ます。熱交換器の設計の難しさは組み合わせのいずれのケースにも当てはまりますが、熱交換の字の通り異なった温度域の流体を一つの器の内部で熱の移動を行う為熱歪が発生します。

これを予め計算して設計されますが非常に難しくここが設計のキーポイントになって来ます。その為製造メーカーの経験値が採用されています。一旦採用され据え付けが完了し運転が開始されますと殆どの場合ノンストップ運転が義務づけられ工場の操業停止時しか点検整備や取り換えが出来ない事になります。工場の操業停止は通常短期間であり、その為余程の大型の熱交換器以外は略使い捨て状態になり操業停止時に熱交の本体ごと交換されます。

取り外された熱交は製造メーカー送りの修理等で整備され工場で予備器として保管されます。又通常の運転中の点検方法は熱交出入口の圧力損失を見ながら判断されます。圧力損失が増大すると言う事は熱交内部で汚れが発生し閉塞の可能性が有ると言う事であり、大事に至る前に熱交本体の取り換え等が検討される事になります。この為工場側でも熱交の勉強の為メーカーへの技術研修が盛んに行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *