排熱利用で循環型社会を目指そう

人間の営みには多くのエネルギーが使われています。電気・ガス・ガソリンなどを使用した後に必ず出てくるものがあります。それは熱です。質量保存の法則から、エネルギーの総量は使用前と後では変化しません。

しかし、使えるエネルギーとそうでないエネルギーの割合は大きく変化しています。熱は使いにくいエネルギーです。ではこの熱を利用した排熱利用について考えてみましょう。熱は水を温めることができることから、公衆浴場や温水プールへの利用が考えられます。

さらに高温になれば蒸気を作れるので、廃棄物を焼却処理した熱を使ったミニ火力発電も可能です。冬の暖房にも排熱利用ができますし、さらに農業や園芸で熱帯や亜熱帯の作物や植物の栽培も可能となるでしょう。ミニジャングルといった環境を作り、動物園にも適用できるかもしれません。このように排熱利用は色々な産業や設備に使える可能性を秘めています。

既存の工場内でのエネルギー効率を高めることも行われています。例えば製鉄の際に出てきた膨大な熱を利用し、蒸気によってタービンを回して発電し、電気を賄うことでローコスト化が図られたり、社内浴場に利用する取り組みをしている所もあります。発電所から買う電気の代わりに自家発電を排熱で行うことで、電気と経済面の両方でエコにできるという大きなメリットがあります。排熱利用は今後増えていくと思います。

将来はお風呂の他に調理や暖房、電力として利用することが普通となる社会がくるかもしれません。循環型社会が求められる今、排熱利用はその実現に大きく役立つと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *