熱交換器メンテナンスは製造ラインに不可欠

熱交換器メンテナンスは、熱交換器を効率よく稼働させるためには欠かせない作業になります。流体を扱う限り、その性質から液体が漏れたりして機会が正常に機能しなくなることもあるのです。熱交換器は、チューブや板状の金属を樹脂などを介して、液体や気体を熱したり冷やしたりすることを用いて様々分野で利用されています。温度の異なる流体のエネルギーを効率的に移動させ交換するシステムです。

効率よく稼働させようとすると、常に汚れや油漏れを起こしていないかを確認する熱交換器メンテナンスが必要になります。製造ラインを健全な運営を助けているのが熱交換器になるので、長期間使用しているとどこか部品の劣化などが起こります。シール材の劣化や伝熱プレートの破損や腐食はトラブルの発生につながります。熱交換器メンテナンスを実施しないと、器内の汚れが蓄積して工場運営に必要な温度の液体を供給できないことにもつながります。

このような稼働に影響がでてくると生産量が減り製造ラインが停止することにもつながってくるのです。プレート式の熱交換器では、不具合を生じている要因を見つけ出すことが重要になります。所定の流量が流れていなかったり、使っている液体濃度・成分がおかしかったりすれば、その原因を早めに見つけることです。日頃熱交換器メンテナンスをしっかりやっていれば原因を判明して解決することはたやすくなります。

熱交換器が、所定の能力を果たしていないと気づいたら、伝熱プレートの汚れなどチェック項目を確認することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *