熱交換器メンテナンスについて

オフィスビルや工場で使用される設備の中で、空調や冷却によく使用されるのが熱交換器です。熱交換器とは文字通り2種類の流体の熱を交換する装置で、冷却水の温度を下げたり、逆に暖房用の温水を加熱するために使われます。この熱交換器を正常に使うためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。ここでは熱交換器メンテナンスのポイントについて、幾つか説明します。

熱交換器メンテナンスの方法は、機器を分解して内部の汚れを掃除します。専門のスキルが必要なため、専門の業者に依頼する事を推奨いたします。熱交換器は色々な種類がありますが、一般的には直径8mmから10mm程度の銅管の中に冷やしたり加熱する媒体を流して、銅管の外部から冷却水や蒸気などを接触させます。水をよく使用するため、水に含まれる不純物が銅管内部にこびりつき、徐々に熱が伝わりにくくなり効率が低下します。

低下する前に熱交換器メンテナンス業者に依頼して、内部の掃除を行う事が重要です。整備ピッチは熱交換器運転時間によって変わりますが、大体半年から1年以内にメンテナンスするためのが多いです。銅管内部を高圧水で洗浄したり、専用のブラシを通して掃除します。また洗浄水を長時間循環して、掃除する方法もあります。

メンテナンス費用も機器の容量や業者によって変わりますので、数社に整備費用の見積を依頼して比較検討すると良いでしょう。業者と打ち合わせを行い、信頼出来る会社に依頼して下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *