熱交換器メンテナンスの方法

オフィスビルや工場、大型スーパーなどの空調設備で使用される、冷却水や温水の温度維持のために熱交換器が重宝されています。熱交換器はその名の通り、2種類の流体間で効率良く熱交換を行う設備を言います。原理は無数の直径8~10mm程度の銅管の中に水を通し、銅管の外側から冷媒や蒸気を通すことで、冷却や加熱を行います。直接接触しないため、2つの流体が混合しないメリットがあるのと電気などを用いませんので省エネにも繋がります。

但し熱交換器を長期にわたって使うには定期的なメンテナンスが必要です。熱交換器メンテナンスは、まず機器を分解して銅管内部汚れを除去します。汚れを放置していると銅管内部にスケールが堆積し熱が伝わりにくくなり、所定の温度に到達しなくなります。このため内部を高圧洗浄したりワイヤーブラシで掃除して除去する事が大切です。

以上のように熱交換器メンテナンスを行うには、それなりのノウハウが必要なので専門業者に依頼することを推奨します。業者に熱交換器メンテナンスを依頼する時に、まずはメンテナンス費用の見積もりをとって下さい。可能ならば複数の業者に見積してもらい比較検討すると良いでしょう。費用が安価な業者を選びたいところですが、熱交換器メンテナンスの経験が少なくきれいにならなければ意味がありませんので、実績豊富な業者の中で安価な業者を選定するのが良いです。

メンテナンスを手際よく行ってくれますので、短時間で終わらせてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *