熱交換器メンテナンスは、効率よい稼働を確保する

熱交換器は各種の方式がありますが、使用目的や環境に合わせる必要があります。低温と高温の2種類の流体の温度差を利用して熱交換を行う機器となりますから、設置環境や熱効率を最大に引き出すための熱交換器メンテナンスを考慮して選ぶことが重要です。熱交換機の能力は、「伝熱面積」を大きくし機器全体の熱の伝わりやすさを上げたり、熱交換を行う高温と低温の温度差を大きくすることで効率よく稼働させることができます。効率よい稼働を確保するためには、熱交換器メンテナンスをすることで常に流体の漏れを防いだりすることが必要です。

特にプレートをきれいにしておかないとスケールが発生したりしてつまりが発生することもあります。熱交換器を効率的に使用しようとすれば、設置場所や熱交換器メンテナンスをやりやすい機種を選ぶことが重要になります。最も熱交換器メンテナンスがやりやすいのは、ジャケットタンクを用いる方法で内槽を外槽で包み込む方式で温度調整した水を外槽に循環させることで冷却・保温・加温などを行いステンレス製が多く、清掃が容易なこともあり食品業界や医薬品の製造工程で使われています。プレートを用いる方式では、熱交換器メンテナンスをやりやすくするため、分解がしやすくしたり、設置にあたってメンテナンスする場所を確保したりすることが重要です。

低コストで導入できる「ブレージングプレート熱交換器」がありますが、高温液体と低温液体が交互に循環する方式をとっていますが分解ができなかったり流体が詰まりやすいという欠点をもっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *