熱交換器スケールはブラシでこするだけでは落とせない

熱交換器スケールは、そのまま放置しておくとさらに肥大化してしまい、配管内部の容積が極端にせまくなることもあるといいます。熱交換器では水をお湯にするなどの目的で配管内に水を流し入れているわけすが、真水と呼ばれる水道水にはいろいろな物質が含まれていて、種類により硬く固まってしまうものが多く存在しています。ちなみに、スケールは流速が遅い部分や水の滞留が発生するような部分で発生しやすく固まりやすいといいます。元々、流速が遅い場所に固まりができれば流れをより悪くさせてしまう、熱交換器スケールは効率を大幅に落としかねません。

熱交換器スケールが増殖すると、設定温度にお湯を作り出すことができなくなるので、その設定温度になるまでの間多くの電力や燃料を使うなどが必要になって来ます。温度はセンサーで感知しているので、数値を下げなければ装置そのものは決められた温度になるまで一生懸命温めようとするわけです。工場内で使ってる装置などの場合も、配管内部にスケールがたまってしまう冷却水の流れが悪くなることがありますが、冷却水の流れが悪くなるとこの冷たい水は装置そのものを冷やす目的で使うものですから装置温度が上昇する可能性が非常に高くなります。装置自体の温度が上昇すると、今度は誤動作を引き起こす原因にも繋がるなどスケールをきれいに取り除く作業がメンテナンスに必要です。

なお、一度スケールが生じるとブラシなどでこする程度では取り除けませんのでスケール専用の洗浄液を使い化学反応を起こして洗浄が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *