熱交換器スケールを除去するポイント

熱交換器スケールは冷却効率を著しく低下させる要因となるため、定期的にメンテナンスを行いこれを蓄積させないようにすることが重要となります。しかしその要因は様々なものがあるため、熱交換器の特性などを十分に把握し、発生しやすい部分に関しては特に注意深くメンテナンスを行うことが重要です。一般的に熱交換器は異なる流体を間接的に接触させることで熱の伝達を行う仕組みが多いため、閉じられた中でこれらの流体が循環することになり、その管路の汚れなどが集中して発生するものです。特に熱交換を行うフィルター部分や媒体部分に発生することが多く、これが交換効率を低下させるとともに流体の流れそのものを阻害する原因となることも多いため、適宜必要に応じて除去しなければならないことになります。

一般的に、熱交換器スケールを除去する方法は日常的にはフィルターの交換を行うことが非常に簡単で効果が高い方法です。最もスケールが付着する部分がこのフィルター部分であるため、定期的に交換をすることでその効率を高めることができます。しかしこれだけでは適切にその性能を維持することが難しいため、さらに流体が通過する管路の洗浄も定期的に行わなければなりませんが、この場合には熱交換器を停止させることが必要であるため、あらかじめ日程を決めて行うことが重要となります。熱交換器スケールによる業務への影響と、洗浄のために発生するロスを十分に考慮し、その兼ね合いから計画的に作業を行うことがポイントとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *