家庭向け熱交換器スケールの特徴と得られる付加価値

2000年以降、国内では再生可能エネルギー対応機器を導入する施設が急速に増加しました。一昔前であれば太陽光パネルがその再生可能エネルギー対応機器の代表格でしたが、昨今ではさらに地熱を利用する熱交換器スケールや排熱循環システムなどもあり、多種多様なエネルギーを利用して電気を生み出せます。この中で一般家庭で広く普及している機器が熱交換器スケールで、コンパクトな機器であるが故に戸建て住宅やマンション・アパートにも設置されるに至っています。熱交換器スケールの特徴として挙げられる点は浴室やキッチン等で排出される余剰エネルギー、つまり排熱を用いて機器内に備わっている発電タービンを駆動させるということです。

我々が生活をするうえで入浴や調理は毎日おこなうものであり、この行動によって生まれる熱を効率良く電気に変えられるのが熱交換器スケールというわけです。備わっているタービンは約2400kcalの熱を受けると、1500kw前後の電力を生み出すことができます。この電力は4人家族の1週間分の使用電力に相当する計算です。熱交換器スケールには蓄電池が備わっていて、生み出した電気はこの蓄電池に蓄積されます。

家屋内の主電源と直結しているので、もしも自然災害等で停電になったとしても、蓄電池に電気があれば通常通りの生活を維持できます。この付加価値は昨今多発する自然災害に備えられるもので、安心して生活するための心強い備えといえます。熱交換器スケールのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *