品質の高い熱交換器とアルファラバル

アルファラバルは、品質の高い熱交換機や遠心分離機などを開発しているスウェーデンの企業です。

世界に50以上の販売拠点を持ち、ストックホルム証券取引所に上場している一流企業でもあります。アルファラバルが誕生したのは1883年で、長い歴史を持っています。1901年に株式を上場すると南アフリカやオーストラリアなど様々な国に進出するようになります。1938年からは会社の主要製品となる熱交換器の製造を開始します。

デンマークの企業を買収して流体移送機器の分野でも活躍しています。アルファラバルは1991年に買収されて一旦子会社になりますが、スウェーデンの投資会社が株式を取得した後に再び上場企業に戻ります。アルファラバルの日本法人は東京の港区に本社があります。本社の他に7つの事業所がありエネルギー関係企業や医薬品メーカー、空調機器関連企業などを対象に製品の販売をおおなっています。アルファラバルにはコアテクノロジーが3つあります。熱交換と分離、流体制御の技術は全ての産業にとって重要です。

専門技術の分野では正解市場のトップに君臨し、顧客サービスの強化に努めています。営業部は顧客が抱えている問題を正確に把握するために、ニーズに合わせたトータルなプロセル技術を提供する部門を持ちます。コンポーネントを提供する部門もあり、万全の顧客サポート網を敷いています。欧州をはじめアメリカやアジアにも大規模な製造工場があります。安定した研究システムがあり、現在でも世界のリーディングカンパニーの地位を保っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *