熱交換器のメーカーでも世界的に著名なアルファラバル

アルファラバルは熱交換器を始め、遠心分離機などの製品を開発・製造しており、世界にも販売拠点を多く持っているメーカーです。

ヨーロッパの企業でその歴史は古く1900年初頭に設立され、アルファラバルは国内にも販売拠点があるため、主に産業用で親しまれるメーカーです。熱交換器の技術は人々の生活にも密着する空調や給湯で利用されていますが、産業用の場合には大規模な仕組みを構築する必要があります。例えば産業用でよく利用される分野では、飲料・造船・医薬品・エネルギー関連・空調などの分野で、比較的に大規模な施設での利用に定評が存在します。アルファラバルの扱っている製品を知りたい場合には、公式のHPがありますので、そこを閲覧することで製品の情報を知ることが可能です。

熱交換器に関しては46種、分離機は21種、船舶機器は12種となっており、もっとも開業以来の専門技術が分離機であります。他にも流体移送が19種・プロセスから環境ソリューションが5種、水処理システムが4種類になっています。これだけの製品を主体にしていますので、空気や水の処理に対してのスペシャリストの企業であることは間違いないです。アルファラバルの事業規模に関しては、グループ企業全体では約17000人の従業員を持ち、売り上げの割合に関しては国内は4番目の規模になっています。他の熱交換器メーカーに真似することが難しい独自の技術、ユニークな製品を扱っている点も強みです。販売拠点では製品の販売やアフターメンテナンスを行っており、国内に7つの事業所を有しております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *