会社のオフィスで実施できる省エネの基本行動

会社経営を行っていると、固定費や光熱費などが高くなり、会社資産を圧迫してしまう場合があります。

一般的な会社の多くはオフィスを構えていますが、オフィス内で省エネを行うことにより、金銭的な部分と地球環境の部分で貢献することができます。物件により違いはありますが、オフィスの場合は天井に長い直管タイプの蛍光灯を利用している場合があります。このタイプは消費する電力が多いので、全ての照明器具をLED化にすることで大幅に電気料金をカットできます。

蛍光管タイプでもそのままLED化することはできますが、施工会社に任せてLEDのダウンライトに切り替えを行う方法も省エネ活動には大きな影響を齎します。お昼休みの時間帯は、オフィス内の照明器具を全て消灯する方法もあり、広ければ広い程消費する電力を少なくでき、結果的に石炭や石油等の資源消費を減らすことができ、省エネには大きな貢献を行えます。会社に限って言えば、待機電力の問題も考えることができます。各種OA機器やパソコンなど電化製品は多岐にわたっていますが、使用していないパソコンなどは小まめに電源を切る行動も効果があります。会社経営上、営業車両を抱えている会社は、社員に対してエコ運転を心構えとすることが必要ですが、車両の入れ替えの際には、最初からエコカーを選ぶことで大幅に燃料代をカットすることができます。営業車両は長距離を走行することが多い傾向にあるので、エコカーの導入でエコ運転をする方法であれば、ガソリンの消費量も減り、無尽蔵ではない貴重なエネルギーを最小限にして省エネを徹底できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *