ろ過器を家庭に導入するメリット

日本国内の水道は世界的に見ても整備されていて、高い基準で水質の維持されているので、水道水をそのまま飲めるほど綺麗です。

ただいくら水質が良いと言ってもまったく汚染物質や異物が、入っていないわけではありません。当然水道水の中に入っている異物は問題にならない程度ですが、それも取り除いた方が料理に使う水や飲み水としては相応しい水質になっていきます。ろ過器は水を綺麗にする為の装置で、業務用の物だけでなく家庭に設置できる物もあります。家庭の蛇口に設置すれば、いつも通りに水道を出すだけでより良い状態の水を使う事が可能です。水道水には細菌が増殖しないように殺菌目的で塩素が使われています。さらにごく微量であるものの、トリハロメタンという発がん性物質が含まれています。

もちろん人体に影響がない基準内の量ではありますが、できればろ過器を使用して除去した方が健康面でメリットがあります。また水道水がではなく、水道管が汚れていて異物が入る可能性があって、築年数が経過するほど管内にサビが発生しやすくなります。これらの汚れで水が汚れても綺麗な状態で使うためにも、ろ過器を通して使用すると良いです。ろ過器で綺麗にした水を使う以外にも、ミネラルウォーターを購入して使う選択肢もあります。短期的にはミネラルウォーターの方がコスト的にもお得ですが、長期で考えるとろ過器の方がコスト的に有利です。また飲み水や料理以外にも、風呂の水として使う場合もメリットが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *