ろ過器には色々な役割があります

淡水魚や海水魚を飼育している人も多いかと思われますが、水槽の中にいる魚はつねに酸素を供給することや水槽環境を整える目的でろ過器を設置することが長く飼育するコツに繋がって来ます。

熱帯の魚の場合は水温の管理も重要で、冬場などではサーモスタットを使って水温のコントロールが欠かせません。ろ過器は水質を改善するための装置で、様々な分野で活用されています。工場の中で大量の水を使っている場合、使った水を下水や河川などに流すときには有害なものを除去することが重要になるわけですが、有害なものを取り除くために使うのがろ過器です。一度に大量の水をろ過しなければなりませんが、水道の蛇口から流れる水のように瞬時にろ過が行われるわけではなく、ろ過されるまでにはある程度の時間を要することからも使った水は一度プール槽にためておいて、ここから水をろ過器に送るなどの仕組みになっているといいます。

フィルターと呼ばれることもあり、浄水器も一種のろ過器になります。浄水器の場合は、内部にあるフィルターで水道の水に含まれる不純物を取り除いて安心・安全・美味しい水を供給することができるようになる装置です。工場で使うものと比べると一度に処理する量は少ないものの、不純物を取り除くなどからもフィルター自体の機能も高めです。ミネラルなどを含めた不純物を取り除く浄水器などの場合、浄化した水をためておくための貯水タンクがあり、このタンクがあるので蛇口を捻ればすぐに水を使えるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *