ろ過器の構造について

ろ過器とは、内部構造に不純物を取り除くフィルターを搭載しており、電力を消費し水をろ過するものと電力を必要としない物があります。

電力を消費しない物は、水の流れているエリアにフィルターを設置し、ろ過を行います。両者ともに流れる水の中に含まれる不純物を取り去ることを目的に使用しており、ろ過するフィルターは交換式の物や清掃することにより再利用可能なものもあり、フィルターが汚れるとろ過器の性能が減少します。水を浄化しろ過する際にバクテリアを繁殖させ、水質を生物がすみやすい環境へと変える役割を担うろ過器も存在しており、必ずしも水を完全に綺麗にすることだけがろ過ではないです。生物がすむ環境の水を浄化する場合、バクテリアの存在が重要で、微生物が生物の栄養となります。

ろ過器を必要とする環境については、水がよどんでおり生物が生息できない環境下であるため池など人工的に作られた環境下で、水生生物を飼う場合、浄化が必要となります。この時、水を完全に浄化した場合、水生生物が住むには適していない環境になり、ある程度微生物がいるのが望ましいです。人間が飲む飲料としてろ過をする場合、微生物の混入が認められない方が衛生面上望ましく、飲料水としてろ過に成功した状態であると言えます。飲料として使用するか、微生物が生きる環境としてろ過を行うかによって異なるフィルターを用い、それぞれの環境に合わせて水をろ過するのがろ過器の役割になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *