ろ過器を使って綺麗な水を確保する

日本の生活インフラはかなり高い水準で整備されているので、そのまま飲み水や料理に使う水として使用しても問題ありません。

それでも水道水の中には不純物が混じっていて、人体に問題が起きない基準内ではあるものの取り除いた方が良いです。水道水には細菌が増殖しないように塩素が使われています。さらに人体に影響しないとされている微量ではあるものの、発がん性があると言われているトリハロメタンという物質が含まれています。これらの成分をろ過器によって取り除くことによって、より良い水質の水を使う事ができます。さらに水道水自体に異物が入っていなくても、築年数が経過した住宅では水道管が劣化してサビ等が、水に混じる可能性も考えられます。この場合もろ過器を家庭に導入しておけば、水が汚染される心配がなくなります。水道水は飲んだり、料理に使うだけではありません。

風呂で顔を洗ったり、髪を洗う時にも使います。ろ過器で水質を上げる事で、肌や髪にも良い影響があります。また人によっては水道水の独特のにおいが気になる人もいますが、このにおいもろ過する事で取り除くことが可能です。ろ過器を使わない方法としてミネラルウォーターを購入して使う方法もあります。短期的に考えるとコスト的にも有利ですが、長期間で考えると逆に割高になります。ろ過器には様々な種類があって性能もそれぞれ違います。そのため価格はもちろんですが、性能面もよく比較して選ぶと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *