水槽内の水質を維持するろ過器

熱帯魚や海水魚はアクアリウム水槽の中で飼育を行うことになりますが、水槽飼育は水を入れて魚を泳がすだけでなく水を循環させる・空気を送り込む・水温を一定に保つ、そして水質を維持するなどが欠かせません、水質を維持する装置は水中ポンプやろ過器などがありますが、これらはフィルターに含まれる装置の総称でフィルターと一口にいっても色々な種類があるのが特徴です。

これから魚飼育を始めるときには、どのような水槽にしたいのかを明確にしておけばフィルターを選ぶときにも役立ちます。ろ過器は水をきれいにするための装置の総称で、水槽の中をつねにきれいな状態に保つことができます。ちなみに、ろ過は水をきれいにすることを意味するものですが、物理・化学・生物の3つのろ過の方法があることをご存知でしょうか。

物理的な方法は、魚の糞や水草の枯れ葉などを網などを使って取り除くやり方、化学的な方法は、活性炭やゼオライトなどの素材を使い吸着・分解するやり方です。生物ろ過は、フィルター内部にバクテリアなどの微生物の住処を作り、住み着いたバクテリアの働きにより不純物・有機性・有害物質を取り除くやり方です。一見、ろ過器と聞くとフィルターで不純物を通さないにしてろ過するなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、アクアリウム水槽で使うろ過器はいわゆる生物ろ過によるものです。なお、水槽内の環境を維持するためにも、魚の糞や枯れ葉などのごみを見つけたときには網ですくい取るようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *