家庭用水栓に使用できるろ過器の仕組み

世界では日本だけが水道水を直接飲める環境が整っています。

これは浄水場設備が整っている恩恵であり、施設内でしっかりと塩素消毒をなされているからです。この塩素は1立方メートルあたり約0.3%となっているため、飲んでも人体に悪影響を与える濃度ではありません。しかし、若干の塩素臭があり、中には低濃度であってもアレルギー反応を示す方もいます。この場合は家庭内の水栓器具にろ過器を設置して水をさらに清潔なものにするのが望ましいです。家庭向けろ過器のことを一般的には浄水器と呼んでおり、アメリカやフランス・イタリア等の先進国では1家に1台の普及率となっているほどです。このろ過器の仕組みは、炭素繊維で作られたフィルターとフッ素樹脂加工がなされた水受け器によって水から不純物を取り除いています。

炭素には塩素を吸着させる働きがあり、さらに0.01ミクロンという極細繊維で作られたフィルターによって低濃度の塩素であっても逃さずにキャッチできます。フッ素樹脂加工をした水受け器で水を受けることでさらに浄水されるので、清潔で美味しい水を味わえるというわけです。なお、ろ過器は使用する中で定期的なメンテナンスをおこなわないといけない器具です。内部に備わっているフィルターは消耗品でもあり、最長でも2ヶ月に1度は新しいものに取り替える必要はあります。ろ過器本体も2週間に1度は全体を洗って内部にカビが生えたり、水垢が付着するのを防がないといけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *